子どもがYouTubeばかり見る時の注意点

家で過ごす時間が長いと、YouTubeを見る時間が長くなる家庭も多いでしょう。見せること自体は悪いことではないと考えています。ただ、子どもが好きで見ていると静かになり、便利だからこそ、気をつけてほしいことがあります。

例えば、子どもが好きだからと、お菓子を与え続けると虫歯になり、栄養が取れなくて病気がちになりますね。YouTubeも見せっぱなしにすると、いつのまにか不適切な情報を見たり、依存症のようになってしまう可能性もはらんでいます。

たくさんの家庭を見てきたベビーシッターが、幼稚園に通う年齢の子にYouTubeを見せる時に気をつけるポイントをお伝えします。

目次

YouTubeと他の動画視聴との違い

YouTubeが今のように普及するまでは、決まった時間に放映される子ども向けのテレビ番組を見る、テレビ番組を録画し見る、DVDを見るなど主にテレビ画面で視聴する機会がほとんどでした。

大きい画面で見ることで、他の用事をしているパパママにも内容がわかりました。また子供番組だと長くて1時間、映画などのDVDでも長くて1時間半ほどで終わるものが多いです。

しかしYouTubeは1本の動画を見終わっても、次々に「おすすめ」が流れてくるのが特徴です。また、視聴方法もテレビ、スマホ、タブレットと多様な種類があります。タブレット、スマホでの視聴は画面も小さいため、パパママが内容が把握しにくいという点があります。

エルサゲートに気をつけて

子どもの好みに合わせて動画が、次々と流れてくるYouTube。子どもが好きなキャラクターだからと見せていると、不適切な動画が紛れ込んでいる場合があります

エルサゲートといわれYouTubeやYouTube kidsのコンテンツとして拡散されている状況を指す造語。これに分類される動画のほとんどは、暴力、セクシャリティなど、危険または人々を動揺させる状況や活動を表すもので、表示する際に注意が必要とされる(ウィキペディアより引用)

子ども向けのキャラクターがサムネイルに出ているので、見分けにくいのが現状です。子どもが好きなキャラクターを見ているからと安心せず、内容を確認しましょう。

実際に高いところからおもちゃを落とし、壊れるのを笑いながら見ている。人形をシュレッダーに入れようとするなどを聞いたことがあります。

子どもは刺激的な内容だと、真似する傾向があります。普段の遊びや言動が暴力的になったりした場合は、動画視聴の影響もあるかもしれないことを頭の片隅においておきましょう。

見るときの姿勢

YouTubeをタブレットスマホで見る場合、寝転んで見ていませんか?寝転ぶと、画面に近づきすぎたりして視力が悪くなる原因にもなります。

動画を見る時は、イスに座り姿勢良く見るような環境を整えましょう。スマホスタンドなどを活用する家庭もありました。

小学生になると授業が始まり、45分間イスに座り続けることになります。腹筋背筋が弱いため正しい姿勢で、座り続けるのが難しい子も増えています。

YouTubeを見る時間は姿勢をよくする練習と考え、イスに座り適度な距離から離れて見るよう約束するのもいいのではないでしょうか。

時間を決める

これがなかなかに難しい課題であると言えます。あらかじめ、時間を決めてタイマーをセットする。タブレットであれば、スクリーンタイムを設定する。それでも、「ごはんの時間」「お風呂の時間」など次への行動に移せない子は多いです。

大人でも切り替えが難しい場合もありますね。1時間と区切るのではなく、「夜の8時までは好きなだけ見てもいい」としている家庭もありました。

これなら、1日の中でお風呂に入る、ご飯を食べるなどのやるべきことを早くすれば、見る時間も長くなると考え、時間の使い方の勉強にもなりますね。

他のことにも興味を持たせてみよう

家にいる時間が長くなる時に、他に興味を持てそうなことも提案してみましょう。カラオケアプリ、お絵かきアプリ、お勉強アプリ、写真加工アプリなどYouTube以外のコンテンツはたくさんあります。

YouTubeは受け身ですが、カラオオケアプリで歌を歌う、お絵かきアプリで絵を描く、お勉強アプリでひらがなを書く練習をする、写真加工アプリで写真を加工するは、どれも手や頭を使います。

タブレット以外に興味あるものを見つけるのもいいですね。塗り絵、粘土、クッキング、家庭菜園などお子さんの好きなものが見つかり、他に興味が移るとYouTubeばかり見たがるという状況が変わるかもしれません。

うまく活用しながら子育てしていこう

YouTubeは私も、好きなチャンネルがあります。ユーチューバーさんたちが、視聴者を楽しませようと様々な工夫を凝らしているので、つい時間を忘れて見てしまうこともあります。好きなものを楽しむ時間は、生活を豊かにします。なので見せること自体を否定はしません。

ただ、色々な経験を経て大人になってからYouTubeを見るのと、他の楽しみを知る前の子どもがYouTubeを見るのは、依存度合いが違うように感じます。

パパママが「私は苦手だから。よくわからないから」と子どもまかせにしないで、子どもが何に興味を持ち、YouTubeで何を見てているのか確認するようにしてほしいと思います。

家で過ごす時間が増えた生活様式の中で、YouTubeと適度な距離を保ちながら、子育てをする家庭が増えるといいなと感じます。お家で実践できそうなものがあれば試してみてくださいね。

子育てに悩んだら

子育ての悩みは、1人で抱えず相談してくださいね。ワイズメソッド育児相談というのをしています。好きな時間に、メッセージのやり取りで相談ができます。詳細はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア!いいね!よろしくお願いします。
  • URL Copied!
目次
閉じる