保活で保育園を見極めるポイント5選

産後職場復帰を考えたときに、どこの保育園にいれるのか頭を悩ますパパママは多いでしょう。待機児童問題もなかなか解消されず、希望した保育園に必ず入れるわけではない現状もあります。

それでも我が子にとって、少しでも合う保育園に預けたいというのも親心。このブログでは、0歳、1歳から保育園に預ける予定のママへ、保育園の見学に行った時に見るべきポイントをお伝えします。

目次

事前の情報取集

まず自宅周辺に保育園がいくつあるか調べましょう。自宅近くの保育園を進める理由は、地域のつながりが増えます。小学校受験を考えている場合は別ですが、多くの家庭では地元の小学校に通うでしょう。保育園の頃から、地域に顔見知りを作っておくのは、子育てする上で大切だと考えます。例えば、災害があった時など、顔見知りがいるというのは心強いです。

職場によっては企業内保育園や、職場に近い保育園という選択肢もあります。
企業内保育園の場合、多くは0〜2歳を預かる小規模保育園が多いので、何才まで預けられるのか調べておきましょう。

職場に近い保育園という選択肢

病気などで呼び出しがあったときに、すぐに行けて便利なように感じます。しかし、毎日車や電車で子どもを連れて行くことを想像してください。
通勤電車に子どもを乗せる気苦労や時間のロスが大きく、荷物と子どもを抱えての移動の大変さなどを考えた時に自宅近くの保育園をおすすめします。

自宅近くの保育園をいくつかピックアップしたら、園の規模、方針、預けられる時間、など調べていきます。私立認可園、無認可保育園の場合それぞれに特色があるので、その中から見学する園を決めましょう。

保育園選びポイント1 電話対応

見学に行くと決めたら電話かメールで見学できるか問い合わせましょう。多くの園は10時から11時が子どもたちの活動時間になっています。この時間に見学へ行くと、子どもたちの様子が見られるでしょう。

電話をかけた時に、園の対応はどうですか。ほとんどの保育園には事務員がいないので電話に出るのは、園長、副園長、主任クラスの保育士が多いです。

問い合わせに、丁寧に対応してくれるかどうかは見るべきポイントです。ただ、登園降園の時間、給食中など忙しい時間帯は園長もクラスに入り、給食準備を手伝う園もあります。

すぎちゃん

減点方式ではなく、あたたかい目でみてくださいね。

保育園選びポイント2 自宅から園までの道中は通いやすい

見学に行く時は、実際に登園するときにベビーカーであればベビーカー。自転車なら自転車で行きましょう。実際にベビーカーを押すと思わぬ段差や、車の行き交いの多さなど、安全面に気づくことができるでしょう。

保育園に通いだすと、想像以上の荷物の多さ、布団の持ち帰り、熱が出るなどで急な呼び出しなどもあるのです。
0才から通う場合、6年間雨の日も風の日も、毎日送り迎えがあります。毎日のことなので、自宅からの距離も大きなポイントです。

保育園選びポイント3 すれ違う職員の挨拶

園に到着して見学の時には、担当の保育士が案内してくれる場合と、自由に見学する場合があります。見学中すれ違う職員は会釈や挨拶はしてましたか。

気持ちの良い挨拶ができる保育士の周りには、気持ちの良い挨拶ができる子どもが育ちます。立派な理念よりも実際に働く保育士が、イキイキているか。
見知らぬ保護者に挨拶ができるかは、見学しなければわからないポイントだと思います。

園の雰囲気がお子さんに合うかどうか

お子さんはどんなタイプですか?
ゆっくりしているお子さんや、おとなしいお子さんはきめ細かくみてもらえる、小規模園の方が合っているのではないかと感じます。
元気で負けん気が強いタイプは、大規模園がおすすめです。大人数で年上の子がいるとなんでも真似して、色々吸収するでしょう。

保育園選びポイント4 午睡時の睡眠チェックはしてるか

0歳児、1歳児、2歳児の乳児クラスでは睡眠チェックが義務付けられています。0歳は5分毎、1歳以上は10分毎「呼吸をしているか」「うつ伏せで寝ていないか」を保育士が目視などで確認しています。

SIDS「乳幼児突然死症候群」の予防のためです。子ども午睡している時に、必ず見守りの保育士がいるか、睡眠チェックはしているか口頭で質問するといいでしょう。

保育園選びポイント5 子どもたちと保育士の会話

子どもが活動している時間に見学に行った場合は、子どもたちと保育士の会話に耳を傾けてください。保育士がきつく言ったり、命令口調ではありませんか?

子どもの安全を守るためなど場面に応じて、大きな声を出す場面もあります。私も、保育園に勤務していた時は大きな声で静止したりということもありました。
けれども、きつい口調や命令口調がいつもだと、子どもは大人の顔色を見ながら行動する子になってしまいます。
どんな風に子どもと保育士が会話しているか、関わっているかは気にかけて見ておきましょう。

まとめ

保育園見学の時に見るポイント5つ

  • 電話対応
  • 自宅から保育園の距離
  • すれ違う職員のあいさつ
  • 午睡時の睡眠チェック
  • 子どもたちと保育士の会話

上記以外に

  • 慣らし保育の期間
  • 保護者会の有無や保護者が出る行事
  • お弁当の頻度
  • 手作りの持ち物

あるかどうかなど聞いておいたほうがいいでしょう。いくつか見学に行くと園の雰囲気の違いが、感じ取れるのではないでしょうか。

私も保育園で勤務した経験があるので言えるのですが、多くの保育士は、子どもが好きで子どもの可能性を信じています。保護者の方とに、子どもを育てていきたいと考えているものです。

ただ、報道にあるように悲しい事件があるのも現実です。子どもを預けることへの不安は尽きないかもしれません。だからこそ、ネットの情報だけではない、自分の目で見て保育園を選んでほしいと思います。

すぎちゃん

希望の保育園に入れることを願っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア!いいね!よろしくお願いします。
  • URL Copied!
目次
閉じる