保育士が考える0歳児から保育園に入園する3つのメリット

育休明けや介護など様々な理由で、0歳児から保育園に預けることを考えるママも多いですね。けれどまわりから「こんな小さいうちから預けてかわいそう」「もう少し家で見てあげたら」など言われることもあるでしょう。

こんな風に言われると、「預けるのはかわいそうなの?」やっぱり赤ちゃんはまが見るべき?」なんて思ってしまいますね。この記事では、保育園で0歳児担任経験と3人の子を0歳児から預けた私が考える、0歳児から保育園に入園するメリットをお伝えします。ぜひ最後まで読んでください。

目次

0歳児から保育園に入園するには月齢がポイント

まず0歳児から保育園に入園しようと考えた時に、お子さんの生まれた月が重要になってきます。認可保育園で4月〜入園できるのは多くの場合満6ヶ月からになっています。

つまり、遅くても10月生まれまでの子でないと翌年4月入園は厳しい状況です。しかも多くの自治体は、保育園入園の募集を11月に受付をスタートし選考を始めます。
なので、11月〜3月に生まれたお子さんは1歳児クラスからの入園になるでしょう。

ちなみに、保育園は認可園の場合、公立、私立に関わらず一括で自治体での募集、受付。無認可園、企業主導型保育園は、直接園への申し込みです。入りたい保育園へ問い合わせしてください。

すぎちゃん

無認可園、企業主導型保育園は玉石混合。しっかり園の見学してから預けるようにしましょう。

出生届と同時に保育園入園希望を出す

0歳児から入園したい場合は、出生届と同時に入園希望を出しましょう。引っ越し、入園辞退などで空きでた時に連絡が来る場合があります。あるママは居住している市内のどこでもいいから、とりあえず保育園に入りたいと入園希望の保育園欄に20箇所の園を書き入園できたケースもあります。

また弾力化といい、4月から入園したお子さんが落ち着く秋ごろに、0歳児の保育枠を広げる園もあります。保育園に入園したいのであれば、書類は早く提出しておくに限ります。

すぎちゃん

0歳児は入園枠が少なく、早めに動くのがポイントです。

メリット①保育園で たくさんの経験ができる

メリット①は家ではできない経験がたくさんできることでしょう。保育園に行くと、散歩にいく回数が増え、音楽が流れ、月の製作や行事への参加など家ではできない経験ができます。

0歳の時期に多くの経験をするのは、脳の回路が働き、脳の様々な働きが発達します。また、泣く笑う怒るなど多くの感情を味わうことで情緒の幅が広がります。

すぎちゃん

保育園でたくさんの刺激を受け、情緒面でも運動面でも発達を促せます。

メリット②栄養たっぷりの給食が食べられる

ほとんどの保育園では、栄養士が考えた献立で給食が作られています。離乳食も、初期・中期・完了期とお子さんの発達段階に応じて提供されます。正直、お家で3食栄養バランスが取れたご飯を作って食べされるってほんまに大変なんです。

私は料理代行を仕事にするくらいなので、ご飯作りは苦手ではないのですがそれでも1日3食作るのは本当に大変です。せっかく作ったのに食べないもよくありますよね。

けれど、保育園に行くと「1日1食は栄養バランスが取れたごはんを食べている」と安心感があり家で「食べない」と悩むことがほとんどありませんでした。

すぎちゃん

食べない悩みを一人で悩まずに保育士と共有できますよ

メリット③保育士に相談できるので不安なことをすぐ聞ける

0歳児は初めてのことばかりで。特に一人目のママ。二人目でも上の子と性別や性格が違うと思っていたようにいかず小さな不安が大きな悩みにつながりてしまいます。

「後追いがひどくなった」「保育園に預け出してから夜泣きが増えたように思う」など少しの子どもの変化も「保育園に早くから預けたからかな」と不安になってしまいますね。

0歳児から保育園に預けると、悩んでいることを相談できる機会が増えます。保育園は交代勤務なので担任と会えない時には、毎日の様子を伝える連絡帳があるので安心してください。

すぎちゃん

子育て中に気軽に相談できる場があるのはママの心の負担が軽くなりますよ。

3人を0歳児から預けた私の場合

私は3人の子全員0歳児から預けて仕事をしていました。経済的な事情もありましたが、1日我が子と一緒にいるのは厳しいなと今でも思います。

「保育士をしていたのに?」と思われるかもしれませんが保育と子育ては別ものです。保育園では何より給食が出てきますし、担任同士が協力し合って保育するので一人でイライラするなんてことはまずありません。

私は恥ずかしながら、我が子と家にいるとイライラしてしまうことが多かったです。もちろん世界で一番可愛いい。けれど、一人で家事育児をすると思うようにいかないことが多くついイライラしてしまったのです。

0歳児から保育園に預けるとなると想像以上に忙しくあまり記憶はないのですが、3人の子どもたちは友だちに囲まれてのびのびと育ちました。

すぎちゃん

私は0歳児から預けてよかったと思っていますし、今でも0歳の時の担任の先生のことは覚えています。

まとめ

この記事では0歳児から保育園に預けるメリットを0歳児担任の目線と、実際に我が子を預けた感想を書いてきました。

メリット① 保育園でたくさんの経験ができる
・メリット②栄養たっぷりの給食が食べられる
・メリット③保育士に相談できるので子育ての悩みが減る

0歳児と1歳児からの入園では、1歳児の入園が難しいとも聞きます。理由は育休を取得できる企業が増えたからです。せめて0歳のうちは家で我が子をみたい。というのも一つの考えだと思います。

けれど、1歳児からの入園を考えているなら0歳児入園も検討してみてくださいね。デメリットについてはまた次回のブログで書きたいと思います。

すぎちゃん

あなたは一人じゃない。あなたらしい子育てを応援しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア!いいね!よろしくお願いします。
  • URL Copied!
目次
閉じる