完母でも預けていいの?不安や迷いがあるママへベビーシッターが伝えたいこと


現役のベビーシッターの私は、「完母でも預けていいのかな?」「預かってもらえるのかな?」と不安に思うママが多いと知って驚きました。結論から言うと「安心して預けてください!」保育士、ベビーシッターは子どものプロです。

とは言え哺乳瓶の乳首を嫌がりミルクを飲まないけど大丈夫?」「母乳を欲しがったらどんな対応してくれるの?」不安に思うことは多いですね。今日は実際に保育園、ベビーシッターで完母のお子さんを預かったことのある私が、どんな風に預かったか、預けるときのポイントをお伝えします。

この記事ではベビーシッターで預かった経験を書いています。「完母でも預けていいの?」と迷っているママの背中を後押しできるといいなと思います。ぜひ最後までお読みください。
保育園の母乳のお子さんの様子はこちら

目次


完全母乳でも預けることはできる

冒頭でも述べたように、完全母乳でも預けるところはありますので、安心してください。2時間から5時間の短時間の場合はもちろん、入院や出張でどうしても2.3日の預かりが必要な場合も大丈夫です。保育士、ベビーシッターは赤ちゃんをみるプロです。

お腹がすいて泣いていても、ほったらかしにはしません。なんとかミルクや冷凍母乳を、飲むように様々な工夫をこらします。私がお預かりした時は、スプーンストローを使って母乳を飲んでもらいました。

「泣いて迷惑をかけるのでは」と思われるかもしれませんが、迷惑とは思いません。「お腹が空いたよ」「ママのおっぱいがいいよ」と泣いてる子に寄り添いながら、冷凍母乳やミルクを飲むよう抱っこしながらあやします。プロにまかせてもらって大丈夫ですよ。

ベビーシッターに預けるのがおすすめ


保育園の一時保育に預ける場合は、冷凍母乳を飲ませてくれるか確認してください。ベビーシッターに預ける場合も確認が必要です。ですが、ベビーシッターは個別保育で自宅にお伺いするので、対応してくれる場合が多いでしょう。

ただし、保育士資格があっても0歳児保育の経験がないと難しい面があります。ベビーシッターに頼む場合は事前に0歳児保育の経験があるか、母乳の子を預かったことがあるか確認しましょう。

私自身は、保育園の一時預かりとベビーシッターの両方の経験があります。保育園の一時預かりは、子どもの人数も多く個別対応ができない園が多いのが現状です。

私がいた保育園では、保育士の数の問題もありミルクや母乳の月齢のお子さんはお断りしていました。また、子どもにとっても、初めての場所、初めての人に預けられるよりは、自宅の方が安心できます。

預ける日が事前に決まっている場合は、何度か同じベビーシッターに来てもらい、お子さんとベビーシッター双方が顔見知りになっておくことをオススメします。

「子どもが小さくて心配です」と言う方は見守りカメラの設置を検討しましょう。この場合は必ず、ベビーシッターに事前に相談してくださいね。

冷凍母乳かミルクを準備する

預かる側から準備してほしいものは、預ける前に搾乳できるようであれば、冷凍母乳を作りましょう。冷凍母乳用の袋がありますので、搾乳した母乳を入れ、冷凍庫の「ここにあります」とお知らせください。


預ける時間によっても違いますが、何かの拍子にこぼれたり、思わぬアクシデントで帰る時間が遅くなるなども想定して多めに用意してもらえると預かる側としては助かります。


短い時間の預りの場合「うちの子飲まないので」「帰ってきてから飲ませるので」と何も用意されないのは控えて頂きたいです。完母の場合家にミルクがない場合もありますが、非常用としてミルク水分補給用にお茶やアクア水など用意してもらえると安心です。

普段ママと一緒だと母乳以外飲まない赤ちゃんも、人が変わると哺乳瓶でお茶などを飲む時もあります。何より預かっている時に、万が一地震などが起こった場合にミルク、お茶、哺乳瓶、マグなどを持って避難するのです。ママが来るまで子どもさんを安心してお預かりするためにも、ミルク、お茶、哺乳瓶は準備してくださいね。

泣くので心配になります

「母乳をほしがって泣くのが心配です」と言うママもおられます。預ける前にママが母乳を飲ませても、3時間を超える預りの場合泣き出す赤ちゃんがほとんどです。

赤ちゃんは泣くことで、色々なことを伝えてくれます。「お腹がすいた」「眠たい」「抱っこしてほしい」などの要求を泣くことでしか表現できません。ですので預かる側の保育士、ベビーシッターは、泣くことは可哀想ではなく、「してほしいことを知らせてくれる」と考えます。

母乳がほしくて泣く場合も、抱っこしたりあやしたりおもちゃを見せるなど、他に気をそらせるようにしています。ママがいない間、泣いても様々な工夫をこらして帰りを待つのです。

究極本当にお腹が空いたら生存本能が働いて冷凍母乳でもミルクでも子どもは飲みます。完母でも、安心して出かけてくださいね。

どうやって飲ませてくれるの?

「哺乳瓶を嫌がるけどどうやって飲ませてくれるんだろう」と気になるママは多いです。基本的に、ママが用意して頂いた、哺乳瓶に母乳やミルクを入れて飲ませます。

しかしママの予想通り完全母乳の場合、哺乳瓶の乳首の感触が嫌で飲まない子が多いです。哺乳瓶の乳首を嫌がる場合は、スプーンやストローを使います。

どうしても飲むのを嫌がる子は抱っこして、スプーンで口元まで持っていき飲ませたり、ストロースポイトのように飲ませた時もありました。月齢にもよりますが、マグやストローを使える場合は使います。

完母でも赤ちゃんと離れる時間を持とう

「夫に預けたら泣きすぎて、もう無理と言われた」と泣きそうな表情で話されて、赤ちゃんを預けるのを諦めているママもいました。「完母で育てるのは自分で決めたんでしょ」そんな心ない言葉を聞いたこともあります。

完母で育てていても、「ほんの少し子どもと離れたい」と思う時はあります。そして、どうしても子どもを連れていけない用事もあるでしょう。そんな時はぜひプロに頼りましょう。保育園の一時保育またはベビーシッターの手を借りて、リフレッシュしてください。

自分にあったベビーシッターを探せる、マッチング型ベビーシッター会社をご紹介

家事代行も頼めるキッズライン(紹介コード kids_6949433555 紹介コード入力で3000ポイントプレセント)

シッター全員が有資格者キズナシッター

シッター全員が子育て経験か有資格者スマートシッター

すぎちゃん

ママの子育てを応援する、ベビーシッターは全国にいます。「子育てはみんなのもの」完母でも誰かに頼りながら、子育てはできるのです。
あなたが、自分らしく子育てできるよう応援しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア!いいね!よろしくお願いします。
  • URL Copied!
目次
閉じる